スナックのシステムはカウンター越しでガールズバーに似た部分がある

主に夜の時間帯にお酒を楽しめる場所をイメージしてみたとき、キャバクラやクラブやガールズバーを思い浮かべる人が多いはずです。若い世代や比較的お金を持っている層は、きっとこの3つのどれかではないでしょうか。

年齢が少し上の世代で、そこまで富裕層というわけではない人の頭の中には、「スナック」も思い浮かぶかもしれません。

スナックは、クラブとガールズバーの要素を併せ持っている部分もあれば、どちらとも違う部分もあって、とても興味深い形のお店です。

クラブと共通しているのは、セット料金があるお店が多い点ですね。ただ、クラブよりも相場は安く1時間〜2時間で、お店によっては時間無制限で4,000円前後に設定されているところが目立ちます。

それにハウスボトルと呼ばれる飲み放題やおつまみやカラオケなどが付いているといった感じ。

ガールズバーと共通しているのは、カウンター越しでママや従業員の女性とお話ができるところ。キャバクラやクラブのように、女の子たちと同じテーブルを囲んで同じソファに座ってお酒を飲むことはできません。

セット料金ではなく、1時間2,000円前後のチャージ料システムになっているところもあります。その場合は、飲むお酒は全てお金を支払わなければならないわけですね。

特徴は「アットホームな雰囲気」

クラブよりは安いけど、楽しみ方はガールズバーのようにカウンターを挟んだトークやカラオケが中心、というのがスナックの特徴です。

最近はこのスナックの良さも見直されてきているようで、足を運ぶ男性も増えてきているという話も聞きます。実際にキャバクラやガールズバーなどがこれだけ増えてきた現代であっても、意外と多くのスナックが生き残っているところを見ると、かなりのニーズがあることは否定できません。

その理由は、「アットホームな雰囲気」にありそうです。

クラブには“ママ”と呼ばれるオーナーさんがいて、その他に従業員の女性が1人か2人おり、こじんまりとした店内で接客をしています。カウンター越しではあるんですけど、距離感がとても近いんです。

お客さんと店員さんはほぼ顔なじみで、お客さん同士も顔を知っているパターンが多いですね。それがアットホームな雰囲気を生み出しています。

「このお店に行けば、気兼ねなくお酒とおしゃべりが楽しめる」と思えば、みんな足を運ぶようになるのも頷けますよね。多くのお客さんにとって、第2の家に帰ってきたという感覚になれるのが、スナックなんです。

モテない男には渋すぎる

スナックのママは、お世辞にも若くはありません。年齢層はかなり高いのが一般的。その下で働く女性は20代であることも多いですけど、やはりガールズバーよりも若くはないですね。39歳の僕でもそう感じるので、もっと若い世代の男性は、よりそう感じるでしょう。

アットホームなところはスナックの魅力ですけど、そのぶん仲間内の空気感が出来上がっていて、新参者が少し入りにくい雰囲気もあります。キャバクラやガールズバーなどでは新規のお客さんにも優しいし、他のお客さんとの距離感も遠いので、孤独感や疎外感のようなものも最初から感じません。

個人的な感想だし、好き嫌いも関係してくるとは思いますけど、僕みたいなモテない男性や人見知りをしてしまう人、コミュニケーション能力がちょっと足りない男の人なんかだと、少し馴染みにくいのがスナックであると感じます。

大人の空間ですから、そういうのに興味のある人は覗いてみてもいいのではないでしょうか。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!