ガールズバーは文字通り女の子が店員のバー

最近、『ガールズバー』という言葉をやたら耳にしませんか?キャバクラも含めて、夜のお店に行った経験のない男性でも、この言葉を聞いたことはあるのではないでしょうか。

ガールズバーとは、その名が示すように女の子がバーテンダーとして接客してくれるお店のことです。

店員さん全てが女の子というわけではなく、中にはキャバクラで言うところの黒服さんのような男性スタッフや男性の店長さんがいるところもありますが、接客をしてくれるのは基本女の子です。

ガールズバーは、女の子とのおしゃべりを楽しむところ。もちろんバーなので、お酒も楽しむことができます。この点だけを見れば、キャバクラとそこまで違いはありません。

ただ、キャバクラと全く同じなのであれば、わざわざ『ガールズバー』と表現する必要はないですよね。

大きな違いの一つに、営業時間があります。キャバクラは遅くても深夜1時までしか営業ができず、その後は日が出てからでなければ営業を始めることができませんが、ガールズバーは24時間いつでもお店を開けておくことができるんです。

これは法律で決められていて、キャバクラは接待飲食等営業の許可が必要で、ガールズバーの多くは深夜酒類提供飲食店の許可となっているためです。そもそも、法律上の営業種別が違うわけですね。

カウンター越しにお話をする

営業種別が異なると説明しましたが、これはとても大きな違いです。営業時間以外にも違いがあって、これによって両者の楽しみ方も変わってきます。

キャバクラは、同じテーブルを囲んで女の子とお話をすることができますよね。場合によっては至近距離に女性が座ってくれて、触れたりできるケースもあります。
ガールズバーは、そういう接客が許されていないので、キャバクラよりも女の子との距離感を少し感じてしまうでしょう。それを作っているのが、バーカウンターですね。

ガールズバーは、このバーカウンター越しに女の子とお話をしたりお酒を飲んだりするんです。女の子が隣に座ることもなければ、ちょっとした弾みで触れ合ってしまうなんてこともありません。

僕はキャバクラだけではなくガールズバーも好きで通ってますけど、この点は結構違います。個人差はありますが、僕はどちらのスタイルも好きですね。ガールズバーは女の子との距離が遠いっていう人もいますが、僕はこの距離感も嫌いではありません。

キャバクラよりも安い値段で遊べるのが特徴

ガールズバーの魅力の一つが、キャバクラよりも低料金で遊べること。
首都圏のガールズバー一覧を見てみても、全体的にキャバクラより価格が安めですね。

キャバクラみたいにセット料金にはなってるんですけど、相場が安くて…そうですね、大体60分で3,000円から4,000円というところでしょうか。このくらいの金額で飲み放題になっているところが多いですね。

ドリンクを別にオーダーするようなお店では、もう少しチャージ料金が安く設定されています。飲み放題でも、お酒によっては別途料金が必要ですし、食べ物も支払いの必要があります。

延長料金は、セット料金と同じくらいと思っておけばOKです。サービス料もキャバクラほど高くはないですけど、10%くらいを取るお店が多いので、消費税とは別にこれくらいかかることは頭に入れておきたいですね。

1時間女の子とのんびりおしゃべりするくらいだったら、セット料金とドリンク代とおつまみ代にサービス料と消費税を加えたくらいなので、5,000円ほどで楽しむことができますよ。キャバクラの半分くらいの料金で済みます。

僕は、ガールズバーのこの手軽さも気に入っています。それでいて楽しい気分にさせてくれるので、むしろ安いと感じてしまうくらいですね。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!